↑ Return to HOME

  ゴールデンエイジとは

皆さんゴールデンエイジという言葉を聞いた事があるだろうか。

近年これだけスポーツが盛んになってきているのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

ゴールデンエイジとは簡単に言うと「センス(応用力)を磨くことのできる時期」です。

運動神経が良くなる・スポーツが上手くなるための大切な時期として良く使われています。しかしスポーツだけでなく楽器等繊細な指使いを必要とするものなども当てはまり、何かを上達するのにとても重要な時期です。

ゴールデンエイジの時期を表したグラフがあります。

上記グラフで表されているようにゴールデンエイジは大体3歳~14歳頃迄となります。
その中でもさらに3つの時期に分類されます。

ゴールデンエイジ3つの時期
「プレゴールデンエイジ」 ※3歳~8歳
運動における多種多様の動作を経験し基本的な運動動作を身につけておくべき時期
自分の体の制限が難しい時期でもあります。右足を出そうとしても左足が出てしまう等
この時期に様々な遊び・スポーツを経験させることが非常に効果的である
「ゴールデンエイジ」 ※9歳~11歳
自分が思ったように体を動かせるようになる時期
プレゴールデンエイジの時期に基本的な動作を身につけておくと動きを見ただけですぐ理解できるなど即技術を習得できるようになる。今までできなかったことが突然出来るようになったりなど技術・センス、共に大きく成長が見込める時期
「ポストゴールデンエイジ」 ※12歳~14歳
この時期になると既に神経系統は9割型形成されています。
運動神経の成長が止まることで以前とは違い短期間で急成長することが難しくなる。
そのためこの時期では現状の技術レベルを維持しながら反復練習等を入れ基本動作の質を高めていくことが重要。
「考えながら練習する」など今までよりも質の高いトレーニングに取り組む必要がある。

この様にゴールデンエイジには3種類の時期に分類され、それぞれの時期にあった練習方法を考える必要があります。

但し上記に挙げた各時期における年齢範囲は全ての子供達に同じ様に当てはまるわけではありません。
子供の成長のスピードは様々でプラスマイナス3歳差程の個人差があります。

そのため周りの子ができるプレーをできないことも当然あります。
それは技術のせいではなく、成長のスピードの差にあるかもしれません。

そのため年齢・学年での判断ではなく各子供それぞれの成長のスピードにあった指導方法を心掛ける必要が出てきます。
その点を見極めることができるかが良い指導者の分かれ目になります。

ゴールデンエイジの時期の取り組み方次第でプロアスリートになれる可能性を高めることができます。
子供はそのことを知りません。ご両親・指導者がその点をしっかり理解して接することが重要なのです。

またこの時期に非常に効果的なトレーニングとしてコーディネーショントレーニングがあります。
コーディネーショントレーニングは運動神経を向上させることを目的として神経を刺激しながら行うトレーニングです。
詳細はこちらをご覧下さい。

近年ゲームに夢中になる子供達が非常に多く、わざわざ公園でゲームをしている姿を良くみます。
運動の機会が少なくなり、子供の運動能力は年々低下傾向にあります。

一生に一度しかないゴールデンエイジの時期、どう取り組むか良く考えて有意義に過ごしましょう。

この記事が皆様の参考になれば幸いです。

このページについてのご質問等何かございましたらお気軽にお問い合せ下さい。


このページが参考になりましたら下記ボタンのクリックをご協力お願い致します。

※このページはあくまで代表による個人的見解によるものですので誤っていることもあるかもしれません。その点について予めご理解ください。尚本サイト内の情報は無許可で引用することは禁止致します。引用を希望される方はこちらよりお問い合せ下さい。