↑ Return to HOME

このページでは運動神経が良くなるといわれるトレーニング「コーディネーショントレーニング」について記述致します。

はじめに皆さんトレーニングと聞くと思い浮かべるものはどんなものでしょうか?
腕立て伏せ・腹筋・ウエイトなどの筋力トレーニングや坂道ダッシュ・持久走などの走りこみなど辛そうなイメージのトレーニングではないでしょうか。

通常トレーニングといえば先に述べたように体力・筋力をアップさせる事を目的としたトレーニングを思い描くでしょう。しかしコーディネーショントレーニングはそれらと相反する楽しいトレーニングと覚えて欲しいと思います。なぜ楽しいのかというとコーディネーショントレーニングは脳や体に関する神経の関連性・表現力を高めるトレーニングで体力や筋力は必要としないトレーニングだからです。
スポーツ分野に関わる方は知識として覚えておくべきトレーニングです。

しかし運動神経は本当に良くなるのか疑問に感じる方もいると思います。
そのためまずは運動神経の良い人悪い人についてその差の原因が何なのかを理解しましょう。
あなたの周りの人達にも運動の得意な人と不得意な人がいるかと思います。
運動の得意不得意の差の原因は脳で考えて実際に動くまでの下記一連の流れの処理速度の違いにあります。

運動神経の良い人は上記一連の流れを素早く処理することができるため頭で考えた通りの正確な動きが行えます。
そのため運動神経の良い人は一つひとつ処理を速く正確に行えるため動きにキレがあります。

逆に運動神経の悪い人というのは脳から次々と来る指令に対して処理が追い付かず
脳と筋肉との間に意識と動きのギャップが生じてしまい、何をしたらよいかわからなくなってしまいます。
そのためおかしな動きをしたりして運動神経が悪いといわれてしまうのです。

おそらく運動神経の悪い人はプレー中には「あれ?あれ?こんなはずじゃないのに」と思っているでしょう。
それはイメージだけはしっかり行えているからです。体が追い付いていないだけなのです。
「思った通りに動くことができない」これが運動神経の悪い人の要因となります。

そのため上記の運動における一連の過程の処理速度及び正確性を高めることで運動神経は向上すると言われており、これらを高めるためのトレーニングがコーディネーショントレーニングなのです。

「脳トレ+運動」と考えるとわかりやすいかもしれません。

またコーディネーショントレーニングを行うにあたり
「コーディネーション7つの能力」について理解を深めなくてはなりません。
これらの能力が運動神経及びトレーニングを構築するうえでの基盤となります。

誰もが一度はスポーツをしている人の動きを見て
あの選手はセンスがいいとか相手の動きを読むのが上手い等と思ったことがあると思います。
そういった選手は周りの変化や自分の状況を把握・理解するのが早いのです。
そのため正確なパスが出せたりドリブルで相手を抜くことができるのです。

そういった優れた選手達が備えているものが「コーディネーション7つの能力」なのです。
ご興味のある方はコーディネーション能力の高い選手についてのページもご覧下さい。

コーディネーショントレーニングを行うにあたり7つの能力のうち1つでも特化して伸ばすことを目的として行うトレーニングであればそれはコーディネーショントレーニングと呼べるでしょう。
しかし一つのトレーニングに対して複数の能力を意識したトレーニングの方が楽しく行えることでしょう。

例えば「片足立ち」これもバランス感覚を養うトレーニングですがただ立っているだけでは楽しくはないと思います。そのため立ちながらお手玉(識別能力)をするなど複数の能力を組み合わせることで楽しいトレーニングになります。

絶対的なトレーニング方法はありません。指導者が工夫してより楽しく効果のあるトレーニングを行いましょう。

そのため遊びの様なトレーニング方法もあれば非常に辛いトレーニングなど幅広く存在します。
指導を受ける生徒の年齢や種目などの様々な要素に合わせてトレーニングを変化させることが重要なのです。

今後少子高齢化社会になるにつれ質の高い教育及び運動不足による健康問題解消法などが求められてくると思います。
コーディネーショントレーニングは工夫次第で子供・大人・高齢者など様々な年代の方に楽しんで頂けるトレーニングです。
教育機関・スポーツジム・介護施設など多くの現場で活躍の期待されるトレーニングといえます。
今後コーディネーショントレーニングの注目度・必要性は高まっていくのではないでしょうか。

※もし何かご不明なことやご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

このページが参考になりましたら下記ボタンのクリックをご協力お願い致します。

※このページはあくまで代表による個人的見解によるものですので誤っていることもあるかもしれません。その点についてご理解頂き参考にされる方は自己責任でお願い致します。

 

コーディネーショントレーニング講演会の様子
現在個人・団体問わずコーディネーショントレーニングを広める活動を行っております。コーディネーショントレーニングを知りたい・体験してみたい等のご相談がありましたら下記フォームよりお気軽にお問い合せ下さい。
 お問い合せフォーム   

は必須項目です

お名前

メールアドレス

電話番号

お問い合わせ内容

このボタンを押すと送信されます。入力内容に間違いがないかもう一度ご確認下さい。